MENU

乾燥肌におすすめのオールインワンジェルを見極めるポイント3つ

 

 

乾燥肌の人にとって、保湿力が高いものかどうかを見極めるのはスキンケア選びにおいて重要なポイントですよね。

 

しかし、保湿力の高さを追い求めるあまり、化粧水・乳液・パック…と一式をそろえるのは時間も労力もかかってしまうもの。

 

 

そこで役立つのが、オールインワンジェルの存在!

 

オールインワンジェルには化粧水や乳液、パックなどの役割が備わっているためこれ一つですべてのスキンケアを完了させることができます。

 

 

ですが、従来のオールインワンジェルでは保湿力に欠けたり、べたつき感が気になったりと弱点もありました。

 

その弱点を補った、乾燥肌の人でも使えるオールインワンジェルを選ぶコツはどのようなものなのでしょうか?

 

 

乾燥肌の人はどういった点に気をつけてオールインワンジェルを選べばいいのか、その見極めポイントを見ていきましょう!

 

 

乾燥肌の人は保湿力の高いオールインワンジェルがおすすめ!

 

乾燥肌の人というのは肌が乾燥しやすいというだけでなく、普段から肌の水分量が足りていない状態であることが多いもの。

 

そのため、他の肌質の人よりも積極的に肌へ水分を与えてあげることが重要なポイントとなってきます。

 

 

もちろん、肌に浸透させた水分をそのまま肌へと閉じ込めるパックの役割も必要。

 

オールインワンジェルなら化粧水や乳液に加え、パックの役割も果たすので一連のケアをこれ一つで行うことができます。

 

 

肌に与えた水分をいかに早く肌へと閉じ込めることができるのかは、実は重要なポイント。

 

化粧水を塗ってからパックを重ねる場合、どうしても肌に与えた水分が逃げてしまうものですが、オールインワンジェルならこれ一つで同時にケアできるのでその心配もありません。

 

 

肌が乾燥していると、どうしてもハリ不足に見えてしまいがち。

 

潤い不足を解消するためにも、保湿力の高いオールインワンジェルを選ぶようにしていきましょう。

 

 

市販のオールインワンジェルの中には保湿力に欠けるものもありますが、従来のオールインワンジェルの弱点を克服した「フィトリフト」なら乾燥肌の人でも使い勝手が良いのでおすすめ!

 

「オールインワンジェルはどこか保湿力に欠ける…」というこれまでの常識を覆すほど、高い保湿力を持つ万能アイテムです。

 

 

乾燥によるダメージを労わるために、無添加処方にこだわろう

 

乾燥肌の人は、ただでさえ乾燥しやすくそれによって肌バリアが弱くなりがちなもの。

 

乾燥しやすいというのは、それだけ肌もダメージを受けやすい状態であるということです。

 

通常の人よりも肌ダメージを蓄積しやすい肌質なので、なるべく無添加処方のオールインワンジェルを選ぶように心がけましょう。

 

 

しかし、オールインワンジェルの場合、いくつもの化粧品機能としての役割を果たす性質上、どうしても複数の美容成分が配合されていることがほとんどです。

 

人によっては、配合されている美容成分が多すぎて肌荒れを起こしてしまうことも。

 

 

そういった事態を避けるためにも、なるべく配合されている美容成分が厳選されていて、なおかつ肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

 

例えば、フィトリフトなら無添加処方な上、アルコールフリーで肌に優しい仕様です。

 

事前にアレルギーパッチテストも済んでいるので、乾燥肌だけでなくほかの肌質の方でも安心して使用することができるのでおすすめ!

 

 

スキンケアは毎日行うものなので、安心して使えるものを選びたいものですよね。

 

 

肌の表面だけでなく、肌の内部までアプローチする美容成分を選ぼう

 

いくら保湿力が大事だと言っても、肌の表面ばかりケアしていては意味がありません。

 

そもそも、乾燥肌の人というのは肌のターンオーバーも乱れがち。

 

 

肌本来の美しさと輝きを取り戻すためには、このターンオーバーを促していく必要があります。

 

オールインワンジェルの中でも、肌の内側までケアしてくれるような浸透力と高い美容成分を持つものを選ぶようにしましょう。

 

 

例えば、フィトリフトにはフィト発酵エキスというものが配合されています。

 

このフィト発酵エキスは、自らハリを生成するとして注目されている新成分!

 

 

アンチエイジング効果も期待できるので、ハリ不足に悩んでいる人にとってはおすすめの成分です。

 

肌の内部へとアプローチしていくことは、肌のターンオーバーを促すことにも繋がります。

 

 

乾燥肌さんにぴったりなオールインワンジェルとなっているので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

⇒フィトリフトの公式サイトはこちらから

 


このページの先頭へ